いらっしゃいませ

チョコレートの味わいは、カカオの産地や品種、焙煎やブレンドによって、さまざまに表情を変えます。 既存のクーベルチュールに頼るのではなく、自分の手で納得のいくショコラを作りたい。 一人のショコラティエとして思い続けてきた夢を叶えるために、ショコラティエ 三枝俊介が、カカオ豆の焙煎から仕上げまでを手掛けるBean to Bar(ビーントゥバー)工房「アルチザンパレドオール」を 2014年11月13日、山梨県北杜市高根町清里朝日ヶ丘にオープンしました。

ショコラティエが自らカカオ豆の段階からのショコラ作りを年産10トン近い規模で行うBean to Bar(ビーントゥバー)工房は、世界的にも珍しく、日本では初となります。 八ヶ岳を望む美しい自然に囲まれた、ヨーロッパの山岳リゾートに似た冷涼な環境はカカオの保管やショコラのエイジングにも最適な気候です。 美しい自然につつまれた清里高原で、真摯にカカオを向き合い、多くの人に愛されるショコラをお届けします。